アポスティーユ(Apostille)について

戸籍謄本定款登記簿謄本など各種証明書類の翻訳文を海外の機関に提出する際、提出先からハーグ条約(認証不要条約)が定めるアポスティーユの付与を求められる場合があります。

(株)サウザンドムーンズでは、各種の公文書、証明書を翻訳し、希望されるお客様には、公証人による認証を取得した上で納品させていただいております。この際、弊社が利用する神奈川県内の公証役場では、ワンストップ・サービスを提供しており、公証人による認証に併せて、法務局の公証人押印証明、外務省のアポスティーユまたは公印確認証明が付与されます。

アポスティーユの付与を希望されるお客様は、お見積りをご依頼いただく際に、その旨をお知らせ下さい。

ハーグ条約には、アメリカ合衆国やイギリスをはじめ、多くの国や地域が加盟しています。詳しくは、下記リンク先の外務省のページをご覧下さい。

ハーグ条約(認証不要条約)の締約国(地域)… ハーグ条約(認証不要条約)の締約国(地域)

料金のめやす

翻訳料金に加えて、公証人手数料と弊社翻訳者手数料がかかります。

翻訳料金
3,570円(税込)~
公証人手数料
11,500円
翻訳者手数料
7,560円(税込)
合計料金

翻訳料金は原文の文字数をベースに算出します。例えば戸籍謄本の場合、翻訳料金は3,570円(税込)からです。

公証人手数料は公証役場に支払う手数料で、これについては、かかった実費をお客様にご負担いただきます(通常は1件あたり11,500円)。

翻訳者手数料は、弊社翻訳者が公証役場に出向いて認証を受ける場合に、お客様にご負担いただく手数料で、7,560円(税込)を頂戴しています。

上記は料金のめやすです。詳しい料金は、無料のお見積りでご提示させていただきます。お気軽にお申し付け下さい。

まずは無料のお見積りから… まずは無料のお見積りから

公証人による翻訳の認証については、下記のページでも詳しくご説明しています。

公証人による翻訳の認証… 公証人による翻訳の認証