定款、現在事項全部証明書の翻訳とアポスティーユ取得

会社の定款現在事項全部証明書を英訳し、公証人による認証(notarization)やアポスティーユ(apostille)を取得した上で、納品させていただきます。

アメリカ合衆国やイギリスなど、ハーグ条約(認証不要条約)締結国に証明書を提出する場合、アポスティーユが付与されていれば、原則として、駐日領事の認証があるものと同等のものとして提出先国で使用できます。

公証人による認証やアポスティーユについて、詳しくは下記のリンク先をご覧下さい。

公証人による認証について… 公証人による認証について

アポスティーユについて… アポスティーユについて

ハーグ条約に加入していない国に提出する書類については、アポスティーユではなく、外務省の公印確認が付与されます。

公証人による認証やアポスティーユが不要な場合は、下記のリンク先をご覧下さい。

定款、登記簿謄本の英訳… 定款、登記簿謄本の英訳

公証人による認証とアポスティーユ

定款現在事項全部証明書を英語に翻訳し、翻訳者が公証役場に出向いて公証人による認証やアポスティーユ(または公印確認)を取得します。

翻訳者が公証役場に出向いて認証を受ける場合、弊社の通常の翻訳証明のみを書き添える場合と異なり、別途、公証人手数料(通常は1件あたり11,500円)などをお客さまにご負担いただくことになります。

公証人による認証やアポスティーユを希望される場合は、お見積りを依頼される際に、その旨をお知らせ下さい。

納期

定款や現在事項全部証明書の文字数などによって異なりますが、通常、翻訳をご依頼いただいてから4~6営業日程度で翻訳文が完成します。

完成した翻訳文は、いったんEメールなどでお送りし、お客様に内容を確認していただきます。お客様にご確認いただいてから、通常、2営業日以内に、翻訳者が公証役場に出向き、公証人認証、アポスティーユが付与された翻訳文を簡易書留で発送します。

  • 詳しい納期は、無料のお見積りでご提示させていただきます。

料金とお見積りについて

翻訳料金は、原文(日本語)の文字数に応じて、約400字を基準サイズ1枚分として算出します。基準サイズ1枚分の料金は、4,430円(税込)からです(翻訳証明発行手数料540円を含みます)。

詳しくは無料のお見積りをご依頼下さい

翻訳する定款、現在事項全部証明書を下記のいずれかの方法でお送り下さい。折り返し、公証人による認証を含めた料金、納期のお見積りをご提示させていただきます。

Eメールによる見積り依頼

下記の見積り依頼フォームから添付ファイルとしてお送り下さい。ご入力いただいた内容は、SSLで暗号化されて送信されます。

見積り依頼フォーム… 見積り依頼フォーム

見積り依頼フォームからは、3Mバイトまでの添付ファイル1点の送信が可能です。
複数のファイルをお送りいただく場合は、お手数ですが、圧縮して一つにまとめるか、一度に一つずつ、複数回、送信して下さい。3Mバイトを超える添付ファイルの送信を希望される場合は、事前にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

ファックスによる見積り依頼

お名前、ご連絡先、翻訳文送付先のご住所を明記の上、下記までファックスして下さい。

ファックス番号: 044(870)2987

ファックスでは細かな文字がつぶれてしまって、正確な判読が難しい場合があります。お見積りは、多少、文字がつぶれていても可能ですが、実際に翻訳を進める際には、改めて、郵便などで原文の鮮明なコピーをお送りいただくよう、お願いする場合があります。あらかじめご了承下さい。